株式会社ブライズアカデミー THE ONLY ONE YOU LUXURIOUS MARRIAGE.

来社予約はこちらから

tel 06-6359-1595

婚活Days
blog

  • 具体的に数値化する

    2017.11.18

     

    数値化といえば、どことなく婚活のあれこれにはふさわしくないな、という気がしますが、実はそんなことはありません。

     

    たとえばブライズへ来るのも、週に1回と〈かず〉で示されていると、ちょっと少ないからもう1回、とか、もう充分だから、もう少し少なくとか、いずれにしても、ひとつの叩き台を示すことができる。
    がんばっている、多く行っている、という言葉よりも、まわりに対して具体的に示すことができるのが〈数値〉です。

     

     

     

    これは、いろんな局面で有効に生かすことができます。
    会話がないということを、よく交際の不満点にあげる人がいますが、たとえばこれを数値化してみれば(どちらがやるかはともかくとして)、三時間のデート中に1回2回と数えてみれば、実は少ないといわれる側の方が多かったなんてこともあるのではないでしょうか。
    少ないといった方は、実は、話されるのを待っているばかりで、それでは会話がないのも当たり前ということになってしまう。

     

    具体的に、数値化するというのは、こんなにがんばっているんだ、ということを、自分なりに知るということでもあります。
    ちょっと手づまりになってきたら、そういう〈くせ〉に頼るのもいいのじゃないかと思います。