株式会社ブライズアカデミー THE ONLY ONE YOU LUXURIOUS MARRIAGE.

来社予約はこちらから

tel 06-6359-1595

婚活Days
blog

  • 禍福は糾える縄のごとく

    2017.07.29

     禍福は糾える縄の如し、という諺があります。幸いと不幸は表裏一体で、代わる代わるにやってくる、というほどの意味でしょうか。
    縦糸と横糸。プラスとマイナス。それは、いまの時点ではそう見えたとしても、5年、10年すれば分からないということでもある。

     

    たとえば、仲のよいご夫婦の娘さんや息子さんが、いつまでも結婚しない。わけを聞くと、家はあまりに居心地がよくて、出ていくのはちょっと……といわれる。逆に親の関係が悪いから早々と家を出たいといって結婚相談所を訪れる人もいます。もちろん、両親は仲よく、同じような結婚をしたいと、婚活に励む人もいる。
    そうなると、何がマイナスで何がプラスなのか分からないということにもなります。

     

     分かったようなことをいって恐縮なんだけど、〈人生というのはそういうものである〉ということ。まさに禍福は糾える縄の如くで、そう思うから、マイナスのときもいつかプラスに転じると信じて毎日を生きていくことができる。

     

    何もしないでもよいというわけじゃない。要はプラス思考。マイナス要因をみんな踏まえた上で、これをプラスに変えるのは何かと考えてみる。それが大切かと思います。