株式会社ブライズアカデミー THE ONLY ONE YOU LUXURIOUS MARRIAGE.

来社予約はこちらから

大阪サロン 06-6359-1595 京都サロン 075-255-5505

婚活Days
blog

  • 合わない、とは?

    2016.12.10

     m-419c579395cdd4492c11f97e5975f8c7_m  合わない、ということばを、よく使う人たちがいます。これは、どちらかといえば、女性に多いかな。この人は、私に合わない。合わないから駄目だ、というのです。

     ただ、その〈合わなさ〉の根拠というものが、どこにもない。何に対して合わないか、という点です。

     逆にいえば、上手くいかないことを伝える理由を、合わない、ということばにしているような気もします。
     
     合う、合わないを、理解するには、まず、あなた自身がどういう人なのかを分かっている必要があると思うのです。

     

     たとえば、仕事のこと。私は、仕事をしたい、ということが前提にあるのなら、では、男性は、そのような希望をどう活かしてくれるのか、ということが出てきます。逆に、主婦になりたいのなら、やはりそのような自分をどう活かしてくれるのか、ということを聞けばよい、ということになります。


    問題なのは、私がどうしたいのかを分からず、合う合わないを決める、あなた自身にあるといえるでしょうか。


    合う、合わないということばひとつの中から、あなたという人の中身が見えてくる。まずあなたは何をしたいのか、どうしたいのか、それをよく考えて人に会う。するといままで見えなかったものが見えてくるのかもしれません。

     

    m-15c89d74be766170f29d62f04543ef35_m